アジア

ラオスの歌姫 ~Aluna typhoon~

ラオスの歌姫・アルーナとのコンサートから約一週間経ちました。
当初はインドネシアのティカが来日する予定だったのですが、ビザ発給に関して問題があって来れなくなり、そこで前回好評だったアルーナを急遽招聘。
短期間での告知にもかかわらず来て下さった皆様、ありがとうございました!

(アルーナと私の新コンビ・Alunong(アルーノン)。Photo by Gucchi)

以下、Ryoちゃんの写真です。

今回はお兄さんのヴィナッサと来日、初日は大変な嵐でした。(アルーナ曰く、「アルーナ・タイフーン」
アルーナは家族で首都ヴィエンチャンから車で2時間半くらいのバンビエンという美しい所でリゾートをやっているので、お兄さんとは兄弟でもあり、仕事仲間。ラオス人は家族愛が深いといつも感じるのですが、本当に仲の良い兄妹でした。

前回の来日の時も感じたのですが、今回も短期間の中、色々とアルーナ話をして考え方が似てるということをお互い再認識。「そうだよね~」と共感すると思わず、握手していました。(そのためか(?)アルーナは「そうですね~」「そう、そう、そう!」という日本語を覚えて帰国。)
今回は二度目でリラックスしているせいか、彼女がかなりお茶目であることを発見。
「こんな面白い子だと思わなかった!」
と言ったら
「だって、私はただの歌手じゃなくて、エンターテイナーだもの!人を楽しませるのが私の仕事だから」
と言ってました。うーん、さすが。
そして、必ずお世話になった人達に
「ぜひ、私たちのバンビエンのリゾートに来てお礼をさせて」
と言っていました。
家族愛とこの自国への誇り。今の日本人が忘れているものではないかしら?

(Alunaと。Photo by Gucchi)

来月、またラオスツアーがあるのでアルーナに会えますが、日本とラオス、こんな遠い所に住んでいるのに、7月、9月、10月、11月と年に4回も会えちゃうなんてすごいと思わない?同じ東京にいたって、年に1度会えるか会えない友人だっているのに。
アルーナと深~い縁を感じたのでした。

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA