映画・ドラマ・広告・舞台・アニメ

台本に出てくる独特な英語。

昨日から、ず~~~っととある英語の台本を読んで、色々資料を作っています。
ずっとずっと英語漬け。

大学は英文科を出ているのに、恥ずかしながら英語が上手じゃない私。。。
台本を読むと、独特な表現が出てきます。

例えば、“ECU”とか“CU”
“CU”“close-up(クローズアップ)”で、“ECU”“extreme close-up(超ドアップ)”
“POV(Point of View)”of・・・(・・・の視点で)くらいならすぐ分かったけど、“ECU”はなかなか気づきませんでした。。。

“EXT.”“INT.”
これは良く使われるのですが、必ずシーンの頭についていて、“EXT.”はexteriorの略で屋外のシーン、と“INT.”はinterior室内のシーンを現わします。

あと(O.S.)only soundで、画面に姿はなく声だけの場合。

あとは、“Dissolve to…”など、ディゾルブという画面の転換の技法だったり。

あとね、セリフが次のページにまたがると、話し手の名前の横に必ず(Cont’d)と書いてあります。
何だ?と思ったら、これはContinuedの略で、前のページのセリフの続きなのね。。。
とかとか。

毎日、勉強です。。。

へなちょこ英文科、頑張りま~~す!

アーカイブ

POSTED COMMENT

  1. Gucchi より:

    英語ならではの表現に加えて、略されるともう。。
    写真用語もそうですが、ラオ語と英語のちゃんぽんとかにも苦戦中。。

  2. xinong923 より:

    Gucchiさん!
    そうなんです~
    普通の本読むのと、ちょっと違いますからね~
    アングルとかって、普通は関係ないですからね(^_^;)
    独特です。
    写真用語とかも、大変そうですね(^_^;)

  3. naomi より:

    いや~これは専門用語(業界用語?)だから無理でしょう
    Cont’dなんてスペルミスかと思ってしまいました(苦笑)
    それにしてもShinonの努力家ぶりには脱帽です。素晴らしいです
    がんばれ~っとエールを送ることしかできませんが、応援してます

  4. xinong923 より:

    naomiさま♪
    いや~naomiだったら、さっと読めちゃうような台本を苦労して読んでました
    特にスラングのセリフと、専門用語に苦戦中。。。
    (V.O.)ってのも出て来て、「うーん、あっvoice onlyか。。」とか
    (O.S.)と何が違うのかな?とか

    また英語、教えてね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA