アジア

キンモクセイの香りで思い出す歌。

うちの近所には、キンモクセイがたくさん咲いています。
通り沿いにずっと植わっているので、この季節は歩いていても、ジョギングしていても良い香りが香って来てちょっとした幸せを感じます

ついつい、今年の貴州ツアーで歌った貴州の苗族の民謡「桂花開放幸福来(キンモクセイが咲いて幸せが来る)」を思い出します。

・・・って、変な日本人だよね

この中国南西部の貴州の古い歌からも分かる通り、キンモクセイの原産地は中国南部
この良い香りの花を、白ワインに漬け込んでできたのが桂花陳酒。中国の絶世の美女、楊貴妃も好んで飲んだのだとか。そんな古くからあるお酒なんですね。
ちなみに紹興酒が苦手な私は、中華料理屋でお酒を飲む時はいつも桂花陳酒杏露酒のソーダ割です。

この香りのおかげで、しばらくお出かけするのが楽しみです

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA