ファッション

同級生の作る一点モノ。~フェアアイル~

昨年末、友人のやっているHPを何気なく見ていたら、私好みのミトンがみつかって、思わず彼女に注文してしまいました♪(写真)

配色も大好きなんだけど、この幾何学的な模様もまた可愛い♪
実は、これイギリス、ノルウェーなどに囲まれた北海に浮かぶ、シェットランド諸島に伝わる伝統的なフェアアイルという独特な編み物なのだそう。

友人の名は、亜子ちゃん。大学時代、同じ英文科で仲の良かった三人組の一人で、今でも三人で会うと女子大生の頃に逆戻り。亜子ちゃんは広島に住んでいるので一年に数度しか会えませんが、会って食事をすると楽しくて、お腹がよじれるほど笑ってしまいます。
大学時代はイギリスの作家・ディケンズのゼミに属し、卒業論文も「ロンドンの光と闇」をテーマに書いたのに、海外と言えば南の島で綺麗な魚を追いかけ、ここ数年ではアジアにはまっている私とは違い、亜子ちゃんは卒業旅行にもディケンズの生家を見に行ったり、スウェーデンへ編み物の勉強に行ったり、とイギリス、ヨーロッパにもともと興味が深かったような気がします。

実は洋裁が苦手でボタン付けもあんまり好きじゃない私、編み物だけは好きで彼氏に下手クソなセーターを編んだりしていましたが、亜子ちゃんは学生時代からプロ顔負けのセーターを編んでいました。
それもそのはず、手編みの指導員の資格も持っていて、一児のママとなった今でも自分のほれ込んだフェアアイルの作品を作り、全国のお客さんに届けています。
基本は一点モノなので、モノによってはちょっとお時間がかかりますが、規則正しい幾何学模様はとても手編みとは思えない精度です。

彼女が編んだ作品が買えるのはもちろん、毛糸だけでも売っていて、編み方を見て自分でチャレンジも出来たりしちゃいます。腕に自信のある方はぜひどうぞ。
フェアアイルという言葉を初めて聞いた方、手編みが好きな方もぜひ、一度「フェアアイルニット Blue & Brown」で検索して、彼女のページをのぞいてみて。

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA