アジア

中国・ジャムスツアー2018レポート③ 市長訪問と大学での公演

10月14日、ツアー三日目。

ジャムス市人民政府訪問。

ジャムス市人民政府                          

Akiが主導で市長にお礼を。さすがリーダー、Akiさんのご挨拶は政治家の先生みたいに立派でしたー私も中国語でお礼を

そして慌ててコンサート会場の学校、佳木斯技師学院へ。コンサート会場になる教室で少しセッティングしてから、学食でランチをいただきました。学食と言えども中国の大学の学食には、その辺のレストラン顔負けの貴賓室があって、高級レストランみたいに立派で美味しいんですよ

学食で、役所の方や学校の方々にバンドの説明をする私

ライブの写真が見当たらないのですが(笑)、これは終わった後の集合写真。

学生さん達との音楽交流を楽しんだ後、学校内の生徒さんの作品などを見学。
ジャムスにいる少数民族、赫哲(ファヂゥ/ホジェン)族の生徒さんが作った作品を見たり、買ったり。
赫哲族は漁業を生業とし、何と魚の皮を使って小物や靴、服を作るのだそう!!そんなデリケートそうな作業、私にはとっても無理!と思いながら、興味深く見学させていただきました!

これも全部魚の皮!                          

魚の皮で作ったブーツ!すごい!!                          

ちなみに、私のジャラジャラしているキーホールダーにも、魚の皮で作ったキーホールダーが仲間入りしました!(ピンクのやつ。横はサンプラザ中野くんにいただいた中野くんキーホールダー、大好きなリラックマに、ママのお腹の中にいた頃からライブを聴いてくれている紗香ちゃんからのプレゼント「S」のイニシャルキーホールダー。)

そして、夕食はジャムスで最高級だという火鍋屋さんで、ジャムスで農業の会社を興された北京出身の女性社長にご招待いただきました。

李社長へバンドの活動をご説明。

さすがアメリカでの弁護士資格を持つ李社長、英語がご堪能でした!                                
日本の優秀な女性社長、笹川さんと!                                

美味しい火鍋を堪能した後は、またまた昨日の文化宮で15分のステージ
ハコのレギューラ陣とも顔なじみになって来ました。明日も来ちゃったりして!(笑)

夜の文化宮。                               
文化宮レギュラー陣。                            

みんなで少し部屋飲みをした後、就寝。

そして10月15日、ツアー最終日。
小学校を訪問して、優秀なハキハキした子供たちの長文の暗証と綺麗な書道に度肝を抜かれました。
Akiさんの字より、上手い!!(笑)

そして学校から空港へ。北京経由で今回のツアーは終了!
行く前はあまり情報がなくて少し心配していましたが、着いたらジャムス市政府の皆さんに本当に良くしていただき、3泊4日で4本の公演もでき、本当に盛沢山な滞在でした。

東北にこんな素敵な都市があるなんて、本当に知らなかったです。これを機会に、日本の皆さんにも中国で一番最初に陽が昇る最東端の都市、ジャムス(佳木斯)を知っていただけたら嬉しいです。
今回のツアーをサポートしていただきました皆様に、心よりお礼を申し上げます。そしてジャムスの皆さん!またお会いできる日を楽しみにしています!
再見!!

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA