アジア

東京国際学園ダンス部の皆さん、ありがとう!

ラオスフェスティバルを主催しているのは、ラオス大使館と、そして東京国際学園という学校だという事、みなさんはご存知でしたか?
東京国際学園さんはチャリティバザーや募金活動を通して、「ラオスに学校をつくろう」という活動をされていて、すでにラオスに4校も学校を建てられているんです!

私達も、ラオスの小学生のためにチャリティライブをやったりしているので、せっかくだから、ラオフェスのステージでも交流出来たら良いなぁ~と思っていたのですが、今回、「Koulab Pakxan(クラパークサン)」(パークサンのバラ)という曲で、ダンス部の皆さんが踊ってくれて、それが実現しました!

ダンス部の皆さんのステージは、以前見に行ってとても感動したので共演を楽しみにしていましたが、音源を送っただけで、実際一緒にリハーサルをする時間がなかったので、ちょっとドキドキでした。

初日はぶっつけ本番でとっても緊張、二日目は大体の感じが分かったので、私もタイミングを見てちょろちょろ動いてみましたが、もし次回もチャンスがあったら、ちゃんとリハ出来たら、もっといいだろうなぁ~と思いました。

先生の許可をいただいたので、ダンス部の皆さんと一緒の写真を何枚か。。。
それにしても、みんな、顔が輝いていますね!!
青春なんだなぁ~・・・

二日目の昼間に、「ラオスに学校をつくろう」のブースに募金をしようと立ち寄ったら、そこのスタッフの方達に、
「まぁ~どうも、お世話になっております。ダンス部の生徒の母なんですよ~」
なんてご挨拶されてしまって、生徒さん達手作りの可愛いオブジェもいただいちゃったりして。
お札だったらかっこよかったんだけど、小銭をじゃらじゃら寄付しちゃって、ちょっぴり恥ずかしかったShinonでした。

またラオスフェスティバルか、何かの機会に一緒に出来るといいなぁ~♪
ダンス部の皆さん、顧問の奥谷先生、コプチャイライライ!

(ちなみに帽子の方はダンス部ではありません。盛り上がって飛び入りしてくれたお客さんです。ダンス部に負けず劣らず、良い表情で踊ってますね、彼

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA