アジア

ベトナムの宗教って?

もうすぐベトナムフェスティバルなので、ベトナムの小ネタをひとつ。皆さん、ベトナムの宗教っていうと、どういうイメージですか?

東南アジアを訪れると、ラオスやタイ、カンボジアではお寺巡りをしたり、ブルネイではモスクに行ったり、マレーシアのアーティストには、ラマダンの時期はコンサートがない、っていう話を聞いたり。
仏教イスラム教が多いっていう印象ですが、ベトナムは約80%が仏教だそうです。
でも、近隣のラオスやタイ、カンボジア、ミャンマーのように熱心な仏教徒というのは、ベトナムには少ないそうです。
意外だったのは、キリスト教が約10%もいる事。東南アジアでキリスト教と言えば、フィリピンですが、実はそれに次いでキリスト教徒が多いのがベトナム。

私は多くの日本人と同様無宗教なのですが、幼稚園と小学校がカトリックだったので、教会を見ると何とも懐かしくて、プライベートの旅行で行く時は、教会があると必ず訪れます。
特に、うちの母はステンドグラスを趣味で作っていたので、実家のいたるところにステンドグラスのランプがあり、カトリックの教会では、ステンドグラスを眺めるのも大好きです。

写真はベトナムのホーチミン市郊外、ブンタウの大キリスト像ベトナムの教会。2007年のツアー時にメコンデルタを訪れた途中で撮影したもの。ブンタウ付近は教会が多くありました。
このブンタウの像は全長30mで、肩まで登れるのだとか。
仏教国の多いアジアで珍しい風景でした。

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA