アジア

色々あったトラブル武漢への出発。

ベトナムツアーの前に行った中国ツアー。
3月23日に出発し、日中国交回復正常化40周年を記念して武漢、貴州、成都を回るそのツアーの最初の都市、武漢では当初、歩行街という1万人規模の屋外ステージでやる予定でした
その後、日本の政治家の問題発言などの影響もあったのか、「安全上、大学の体育館で」と変更になり、そして出発一週間前に、「準備が間に合わなかったため、湖北・武漢日本文化週間を延期します」という連絡が入りました。。。

受け入れ先の湖北省政府林楠さんとはずっとメールで事前から連絡を取り合っていたのですが、林楠さんは本当にきちんとした方で、コンサートから滞在中の事まで詳細をきちんと詰める事が出来ていたので、そんな事態になった事が残念で仕方ありませんでした。。。

海外でのイベントが中止になる事は慣れているものの、今回は一都市だけではない巡回公演
今から飛行機を変更したら、費用などの面でも厳しく、他の都市でのコンサートにも影響が出るという事で、交流会だけでもやらせてもらえないか交渉したところ、快く引き受けて下さり、無事、武漢へ行く事が出来たのでした。

そんな事もあって、林楠さんとはお会いする前から、親しみを感じていました
23日に北京経由で武漢へ向かいましたが、北京からの国内線が遅れたので到着したのはもう日付変更線も越えた真夜中。
夜中の空港へ出迎えてくれた林楠さんは、とっても聡明で優しくて、可愛らしい女性
日本語がとっても上手で、「何だ、これなら日本語でメールしても良かったですね~!」なんて。
でも、彼女とのメールのやり取りで、私の中国語力が少しならずも上達したので、ありがたい事です。

こうして、出発前から日中友好は育まれていたのでした。
ホテルへ向かうバスの中、打合せをしながら向かうとホテル着は真夜中1時過ぎ。
その日は早々に寝ました。

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA