アジア

インドネシアのシンガーと。

今はGYPSY QUEEN、仕込みの時期。
新曲のリハーサルはもちろん、来る夏~冬の怒涛のイベント出演の準備に向けて、早めに色々な事に取り組んでいます。

その中のひとつがインドネシアの楽曲。
なぜか、今までインドネシアツアーの話があっても、流れてしまってご縁がなかったのですが、最近、インドネシア人シンガー、Dhyta(ディタ)ちゃんと知り合って、目下、インドネシアの歌に取り組んでいます。

これがなかなか、メロウなメロディでいい楽曲が多いんですよね~
いつも各国の名曲たちに出会うたびに、日本でももっと聴いてもらえれるチャンスがあればいいのに。。。って思います

(キュートなインドネシア人シンガー、Dhytaちゃんと。photo by Pepi)

小さい頃声楽をやっていた彼女、とても素晴らしい歌声ですよ
近々、共演する予定なので、ぜひぜひ楽しみにしていてくださいね~!!

そうそう、2003年にマレーシアでコンサートした事があるので、インドネシア語と似ているマレー語をちょっと勉強した事があるんです。
それで、マレーシアでコンサートの最後に、

「Selamat tinggal(スラマッ ティンガル、さようなら)」

と言ったのを覚えていて、ディタちゃんに聞いたら、
「それは、確かにさようならの意味だけど、もう会えないような別れの挨拶ですよ」
と言われて。。。
あぁ。。。だから、マレーシアにはあの後行けてないのかな?なんて。。。

でも、帰って来て資料を見たら、「Selamat tinggal」の後に
「Sampai jumpa lagi!(サンパイ ジュンパ ラギ、またお会いしましょう!)」
って、ちゃんと言ってたよ!
良かった

(2003年マレーシアコンサートのエンディングで。)

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA