アジア

2019年、今年も頑張ります!

明けましておめでとうございます!
・・・から早、半月ですね
今年も筆不精ですが、細々とブログを書いて行こうと思います。

昨年はライブが比較的少なく、どちらかというと制作を頑張らせていただいた一年でした。
歌詞もディズニーのお仕事以外にも、ベトナムの楽曲など訳詞の仕事を結構いただいて、詞を書く産みの苦しみはありますが、大好きな作業なので楽しくお仕事させていただきました

一番大変だったのは、11月にさいたまスーパーアリーナで、張学友(ジャッキー・チュン)という香港のアーティストのワールドツアーの日本公演の受入れをやったこと。。。
ジャッキーさんは、日本ではそんなに知名度がないと思うのですが、1995年の世界CD売上の第2位!なんですよ!(1位がマイケル・ジャクソン、3位がマドンナ!)
そして、中国各地でやるコンサートでは、逃亡犯すら彼のコンサート見たさに会場にのこのこやって来て捕まるという現象が!

そんな偉大なジャッキーさんですが、いつもお世話になっているフェス関係の舞台監督さんなどに聞くと、二年間ほど、ずっと日本でやりたくて会場を探していたけど、彼の大掛かりな舞台装置を持って来るとなると、なかなか敷居が高くて実現できず、困っていたのだとか。。。
それが、良いご縁とタイミングが重なって、色々な方々のお力をお借りして、実現することが出来ました。寝れない夜も多々ありましたが、公演は本当に素晴らしく、笑顔で喜んでいるお客さん達の姿を見て、涙が溢れました

(Photo by 公式カメラマン Janshen(沈晶))                       
(フィナーレの模様。お辞儀すら格好いいジャッキーさん!)                        

日本語丸暗記でMCしてくれたジャッキーさん、
「年を経るごとに、音楽への情熱は増しています」
そんな素晴らしいメッセージを残してくれました。御年57歳のJacky Cheungさん、もっともっと日本の方達にも広く知られて欲しいと思います。
そして、いつも現場にふらっと来て歌わせていただいているだけの自分ですが、その舞台を作り出す為の努力と大変さを痛感し、改めてスタッフの皆さんへの尊敬と感謝の念が湧きました。それが良く分かったという意味でも、私にとって、大変良い経験でした。(と今だから言えます

お力を貸していただきました日本、香港、中国、台湾の関係者の皆様、本当にありがとうございました!

そして、昨年は骨折もしましたので、今年は怪我や健康に気を付けて・・・と思っていたら、実家でポットからケトルにお湯を移し替えている途中に、たら~っとお湯が垂れて、手の甲にヤケドしました。。。
あーあ。。。先が思いやられるね。。

年末年始は千葉の実家に行ったり、近所の氏神様にお参りしたりしましたが、先日は、毎年恒例の神田明神へのお参り&勝守をゲットし。。。

(神田明神、なんかすごく綺麗になってた!)                          

そしてOne Asiaの新年会。関係者だけの小さな会で貸切だったので、かくし芸大会みたいになり、私もちょこっと歌わせていただきました。

今年はライブが結構多くなりそうなので、更に!頑張っていきたいと思います!
本年も宜しくお願い致します!!!

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA