人生・生き方

紅一点。

がいるので、小さい頃からお兄ちゃんの友達と一緒に遊んだりして、男性の中に混じって何かをする、というのは安心感があるというか、慣れている私です。
だから今のバンドの環境も紅一点とかをあまり意識した事がないし、高校生から何個かバンドを組んで、もちろんギャルバンもやったけど、キーボードでもドラムでも女の子一人でやる事が多かったです。

そんなわけで逆に女性が大勢いる中にいるとなぜか緊張してしまったりするのです。
でもその反面、小さい頃からそういう環境に身を置かれる事が案外多く、お受験して入った都内の某私立小学校は、男女クラスが別れていたのでクラスは女の子ばかり
大学も英文科だったのでほぼ女子ばかりでした。
そして会社に入社した後は、総合職として採用されるも、インストラクターという職種に選ばれ、女性だけでコンパニオン教育なんかみっちり受けて、配属された先も女性だけのプロモーションチーム
その後も、ゴスペルをやりたくてクワイアに入れば圧倒的に女性が多く、ダンスをやりたくてサルサを始めても、ペアダンスではなくて女性だけのショーダンスだったり。

女性だけの環境に身を置く事が多かったのですが、少人数は全然平気なんだけど、女性がすごく多いとなぜかとっても緊張します。
その反面、大奥のドラマなんかは何だかついつい怖いもの見たさっていうか、気になって見てしまったり。
もしかして、前世では大奥にいて緊張の毎日だったのかも?だから緊張するのかな?なんて思ってしまう今日この頃です

そう言えば、うちの母は6人姉妹うちの母を含め、強烈な個性を持つ強いおばさま方を見て育ったから女の園が緊張するのかも、なんて言ったら、おばちゃま方に怒られそうですね

(2009年 ラオスの世界遺産ワット・プーにて。うちのメンバーはみんな優しい男性です

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA