人生・生き方

今の幸せに気づける力。

東日本大震災から2年経ちました

母の故郷、福島の相馬も被災し、何かしたいと焦るばかりで、結局何の役にも立てない自分の無力さを思い知ったこの2年間でした。
それでも、チャリティコンサートなどを通して知り合った、自らも被災者でありながら、ボランティアに尽力されている大船渡などの友人達から学んだ事。
それは「今の幸せに気づける力」

人間、体調を崩せば、「あぁ、健康でさえあればなぁ。。。」
そのくせ、ひとたび健康に戻れば「あぁ、お金があればなぁ。。。」
と、現状の幸せになかなか気づけないわけで。
震災を通して改めて、今の自分が持っている幸せについて感謝しなくては、と思い知らされました。

復興には長い、長い時間がかかります。
福島を、いや日本全体を悩ませている原発の問題も。
福島の浪江に住んでいた親戚は、いつ戻れるか分かりません。
3.11前に戻れたらどんなに良いか、と思うけど、今はこの大惨事を忘れずに、地道な支援をみんなで続けていく事、また来るかも知れない災害に備えて対策をとって行く事、それしかありません。

(震災1週間後に行った、中国・貴州でのコンサートでのサプライズ。学生達の気持ちが嬉しかったです

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA