アジア

ラオスツアー2006 ~Beautiful people~

ラオスツアーから帰って来ました!
オンステージもオフステージもめちゃめちゃ楽しいツアーでした!(^o^)丿

ナショナル・カルチャー・ホールでのコンサートは大盛況で、ラオスの二大歌姫・NoiAlexandraとの競演!最後は並んでみんなで一緒に歌って・・・。美しく、才能のある二人のシンガーと競演できて、とってもHappyでした!

(Photo by Gucchi)

Noiのトラックの中に詰め込まれた私達(笑)

今回は、ラオスの写真を撮り続けていらっしゃるカメラマン・Gucchiさんが同行して撮影して下さり、後々、川口さんのラオス情報盛りだくさんのブログ「LAO BREZZE BLOG
にも写真が徐々にアップされていくと思います。ぜひチェックしてみてね!

新聞にもたくさん出たよ~

2大歌姫の後は、新進気鋭の女性シンガーとOn the Rock Barで共演。

実力派R&BシンガーAluna。

ラオスの妖精と言われる可愛いアイドルTingと。

今後、この二人とも絡んでいくと思います!

詳しいツアーの様子はリーダー・AkiがオフィシャルHPに近々ツアレポをアップすると思うので、私はラオスに行く度に感じることをちょっとお話してみたいと思います。

それはラオスの人達は「Beautiful people」である、ということ。
朝早く起きると、オレンジ色の袈裟を着たお坊さん達の行列が見受けられ、そこにはまだ小さな幼いお坊さんも多数。そしてお坊さん達にお供物を捧げ、手を合わせる敬虔な仏教徒の前で、お経をあげるお坊さん達。そんな美しい姿が道端で普通に見られるのです。
また、仏教国・ラオスの国民は小さな子供でさえも、きちんと手を合わせてご挨拶やお礼を言います。その姿は仏様のようでもあり、私にいつも「Beautiful people」という言葉を思い起こさせるのです。

2001年に初めて中国ツアーをした時のこと。
アメリカ人、オーストラリア人、ドイツ人のアーティストと中国6都市をツアーで回っていたのですが、食事の時におはしを持って、「いただきます!」と何気なく手を合わせたら、アメリカ人とオーストラリア人に「Oh!Beautiful people!」と感動されたのです。
彼らが私に感じた東洋の美しい礼儀正しさ、それよりもっと美しいものを、同じアジア人の私が彼らの中に見るのです。

(2001年のツアー)

Beautiful peopleの国、ラオス。
日本ではあまり知られていないこの国に、絶対一度は行ってみて欲しいです。

(写真はNoiがラオス到着日に歓迎のしるしとして首にかけてくれた綺麗なお花のレイ。)

アーカイブ

POSTED COMMENT

  1. おっこ より:

    おかえりなさい
    楽しいツアーだったみたいでいいですね。
    お疲れ様でした。
    ラオス素敵ですね~ブログ読んですごく
    興味をそそられました~。
    日本ではありえないですね。。。

  2. Shinon より:

    ラオス人さん!
    もうラオスのサイトにコンサートの模様が出ているのですね!情報ありがとうございます!
    おっこさん!
    ただいま!楽しいツアーでしたよ!
    その後、お仕事は相変わらずお忙しいですか?
    またレシピ、参考にさせていただきますね!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA