アジア

宝物をありがとう ~ホー・クイン・フオンとのデュエット~

フェスティバル初日。
ナム・クウンとのデュエット“ハイハットレン(一緒に歌おう)”でスタート。
爽やかな彼の姿に女の子達の黄色い歓声が飛びました
彼が最初に一緒に出てくれたおかげで、一気に会場が温まり、その後のステージがとてもやりやすかったです。

そして、いよいよホー・クイン・フオンとのデュエット、GYPSY QUEENの“Brave”
歌う時、じっと目を見つめる彼女。私もじっと見返して。
一番は彼女がベトナム語で、二番は私が日本語で、そして最後のサビは、日本語で一緒に歌いました。
そして歌い終わったところで、心がぴったりと、本当にぴったりと通じ合ってしまったのです
どちらからともなく抱き合って。
心が震える瞬間でした。
涙が抑えられなかった。。。

今まで、多くの外国のアーティストと一緒に歌を歌って来て、「楽しい」とか「緊張す」とかいうのが普通だったけど、こういう風に「心が通じ合ってしまった」っていう瞬間は、初めての経験でした。

分かる?言葉ではうまく説明できないんだけど
昨日会ったばっかりで、ほとんど落ち着いて話も出来てなかったのに、たったの5~6分の間に、音楽で心と心がつながったの!!魔法みたいだったよ!

その後、楽屋に引っ込むと、まるで昔からの友人のようになっていて。
ホー・クイン・フオンに
「ねー、リップ持ってない??」
と聞かれて
「あるよ。これでいい?」
と貸す私。
「うん、ありがとう!いい色だね!」

言葉はそんなに通じなくとも、心が通じ合ってしまうと、会話は通じるものなんだな、と。
音楽を通して、また私の中に宝物のような経験がまたひとつ、増えました。

宝物をありがとう。

(Photos by Naomichi Seki)

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA