アジア

貴州ツアー2011前日。TOMOSHIBI -地震が来たら-

先週の金曜日のツアー前日の事。
サンプラザ中野くんさんは、今回の地震のために向谷実さんと急遽作られた「TOMOSHIBI -地震が来たら-」のレコーディングをされていました。
その模様をUSTREAMでのぞきながら翌日からの貴州ツアーの荷づくりをしていたのですが、「中国語バージョン、歌詞の翻訳可能?」と中野さんにツイッターで聞かれ、歌詞は私の貧相な語学力では到底無理なので、とりあえず「中国人の友人に聞いてみます!」とお答えし、ふと浮かんだ香港の有名なバンド・BEYONDのYip Sai Wing(葉世榮・イップ・サイ・ウィン)。彼なら中野さんとも親交も厚いから、やって下さるかな?と。

聞いてみたら
「今重慶に移動中だけど、いいよ。音源と歌詞の意味を訳して送っておいて」
二つ返事をしてくれたWingさん。
中野さんにその旨をお伝えすると、すごい喜んで下さって「じゃぁ、せっかくだから歌も歌って欲しいな」と。
旅先だからダメ元でそれも伝えると「分かった!重慶のホテルでデモを作って送るから」また二つ返事
何と!!!徹夜してホテルでデモを録って翌朝送ってくれたのです。

すごいでしょ?感激!!
すごい方同士がつながると、すごい事が起こるんだなぁ~
中野さんもWingさんも、本当に尊敬するミュージシャンなんです

貴州ではWingさんから送られてきたデモをダウンロードして聴いて、ホテルの部屋で一人涙を流しました

そしてそのデモを中野さんに送り、中野さんから送られて来たカラオケをWingに転送して・・・・
そして私が帰国した昨日には、何と!もう!本チャン版がレコーディングされて、こちらのサイトで配信されています!早い!!
向谷倶楽部「TOMOSHIBI-温暖会跟随每一颗心-」

帰ってきてからヘタクソながらこの詞、訳させていただきました。
そのうちアップして下さるそうなので、そしたら歌詞の意味を見ながら聴いてみて下さい。結構意訳しちゃっていますが。
Wingにお願いする時「うちの母のふるさとが津波で流されちゃったんだけど、頑張って貴州で歌って来ます」ってメールしたのですが、この歌詞は半分自分も励まされているようで、涙が止まらなかったです
これを聴いた在日チャイニーズの皆さんは、みんなふるさとに帰りたくなるかも?(笑)

中野さんのオリジナル版「TOMOSHIBI -地震が来たら-」「心の灯は消すな」という温かくも力強いメッセージソングです。
「頑張って生きてるよー」のところで、必ず涙が出ます
こちらと合わせてぜひ!聴いて下さい!

おかげで貴州ではオフステージでも感動で泣きっぱなしでした

(3/19未明、重慶のホテルで徹夜でデモを録るWing。)

(そして3/21夜、北京のスタジオで本チャン版を。)

葉世榮、非常感謝!

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA