アジア

ラオスツアー2017 ~その③~ レコーディング in ラオス

2月19日:ツアー3日目

今回のツアーの目的のひとつである、ラオス人アーティスト達との合作、「My Hometown in Asia」のレコーディング。
場所は、アーティストの一人、Samのスタジオ。

中心地からトゥクトゥクで迷いながら乗り付けた私たち。
知ってる?トゥクトゥクって、上の写真にも後姿が写ってるけど・・・
↓これよ、これ。私たちが腰かけてるやつ(笑)

そこへ、ラオスのスター達が、ジャガーとか高級車で次々乗り付けたのでした。「トゥクった」自分たちが恥ずかしくもあり、可愛くもある
以下、レコーディングの写真!

この卓でエンジニアもしてくれているのがSam。彼はこのスタジオを作るのが夢だったんだって。オーストラリアに留学して、レコーディングの勉強をしたので、英語も流暢。楽器も歌も上手いし、数年前に、ラオスのベストプロデューサー賞も受賞している素晴らしいアーティストなのです

ここでも、やっぱりボスのAlunaが仕切る、仕切る。
次々ラオスのシンガー達をスタジオの外に呼び出して、指示を与えるんです。私も呼び出しをくらい、いきなり
「Shinonはここ歌って」
と言われ、練習させられる
これを「ぶつかり稽古」と呼ぶ私たち(笑)

レコーディング終了後は、アルーナを囲んで、ラオスの「シンダ」という鍋を食べに行きました

こういう音楽を通したご縁が異国で広がっている時、一番幸せを感じます。みんなありがとう

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA