アジア

貴州でラオス語!

学食食べ終わったら、リハーサルへ。
今回のコンサートでは、学生さん達のバンドが3組一緒に出演しました
みんな上手で、堂々としてるんだよね~!

リハーサルの時に挨拶して、みんなとっても良い子達だったんだけど、その中にCLK楽隊(CLKバンド)というバンドがあって。CLKとは「C=China、L=Laos、K=Korea」という留学生を含む三か国の学生さんによるグローバルなバンド
ラオスに何度もコンサートに行っている私達は、ボーカリストのラオス人の彼に「サバイディ!とラオス語で挨拶。
そしたら、彼は流暢な中国語で、
「あなた達のコンサートをヴィエンチャンで見たよ!」
って。えーーー!?びっくり。
「最新アルバムではDan Hang It Sa Laっていうラオスの曲も歌ってるんだよ!」
って言ったら、
「そのMV(ミュージック・ビデオ)もテレビで良く見てたよ!」
だって。。。。もーびっくり~!

まさか、後に共演するとは!しかも、よりによって中国の貴州で!!
すごいね。世界はつながってる。有縁(ご縁がある)!!

(しのんの隣がラオス人の男の子です。名前が難しくて。。覚えられなかった!(笑)ごめん!真ん中は日本語で一緒に歌ってくれた李ちゃん。)

ラオスで流れてるMVはこれでーす♪

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA