アジア

パッタイの作り方、習ったよ~

先日食べに行ったタイ焼きそば、パッタイ
実はちょっと前に作り方を習ったのでした。

右奥は豚のラープ、右手前はガイ・ヤーンという弱火でじっくりしっとり焼きあげるタイ風のローストチキン
この二つはタイやラオス通の方にはおなじみですね
中央奥にちらっと見える白いデザートはグルアイ・ ブアットチーというバナナのココナッツミルク煮です。

これはソムオーというお店のシェフのレシピで、どれも超!美味しかったのですが、だからこそ本格的で、日本人には見慣れない材料がたくさん。

例えばパッタイの主役の麺はクッティアオ・センレックというお米の麺ライススティックという名前で売られていたりもします。ビーフンみたいにお湯につけて戻します。
タイ料理を良く食べに行く方にはおなじみのもっちもちの麺です。

厚揚げたくあんピーナッツなど焼きそばには珍しい具の他には、ホムデンという小さな赤い玉ねぎのようなタイ野菜も。
紫玉ねぎでも代用できるそうです。

そして、ソースに入るお砂糖はパームシュガー
サトウヤシというヤシ科の植物から取れるお砂糖です。日本だと三温糖、きび砂糖に近い、茶色っぽいお砂糖です。
以前、ラオスでも、その砂糖を作っている処に行きました。

(サトウヤシとドラムのMasaoさん。ラオス、コーン島にて。)

そして、作るのに手間がかかるのがタマリンドウォーター
タマリンドとは酸っぱいトロピカルフルーツで、良くペースト状にして売られています。
そのペーストに水を加えてもみ、出来れば一晩おいてから少し煮て、ザルで漉すとやっと!タマリンドウォーターの出来あがりです。

本格的な作り方で作ったパッタイは本当に本場の味で、すっごい美味しかったから、家でも作りたい!と思ったんだけど、やっぱりタマリンドウォーター作るのが、ちょっと面倒だなぁ~・・・前の晩から焼きそば作ろう!なんて思わないよね~・・・と思っていたら、何と!お土産にパッタイのソースをもらいました~~!!わーい!
とりあえず、これで作ってみよう!

(向かって左から。トムヤムペースト、スイートチリソース、パッタイソース。)

ソムオーさんのお店にも食べに行きたいなぁ!!

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA