アジア

北京ツアー2010報告 その④~第十届相約北京&建築家の迫さん訪問~

5月3日、コンサート最終日は午前、午後合わせて2ステージの日でした。
午前中は大きな礼花広場で。
カナダのバンド、イギリスのバンドに引き続き、私達の出番でした。

終わった後は、CCTV(中国中央電視台)のインタビュー。
演奏の模様は、CCTVでも放映されました~。

午前のステージには、こばじゅんさんが連載を持っている北京の老舗のフリーペーパーTOKOTOKO大西編集長が見に来て下さいました!

最近、私達のツアーに、誌面を割いて下さっているので、そのお礼を兼ねて色々お話ししたら、途中から取材のようにじっくりお話を聞いて下さいました。
前日、万里の長城マラソン(ホントに長城を走るんだって!)に取材のために参加されたそうで、筋肉痛がすごかったにもかかわらず、朝陽公園まで足を運んで下さいました。非常感謝

一休みしたら、午後の出番。
外国人枠で3バンドあるうちの最後になったので、予定より少し遅めにホテルを出発。
最後は傘塔広場での出演。
お客さんがすっごいたくさんで盛り上がりました!

主持人(司会者)の女の子が可愛くて、終わった後、「希儂~!」と呼ばれて、話してすっかり仲良くなりました。
日本の漫画大好きで、自分でも漫画描いてるんだとか。

(「非常好!(とても良かった!)」とお褒めの言葉をいただき、喜んでくれた舞台監督さん、司会の女の子と記念撮影をパチリ。)
ました~

ステージの後は、衣装を着たまま、私達が微力ながらいつも寄付させていただいている四川省幼稚園プロジェクトの建築家、さんのオフィスにお邪魔しました。

写真のビルの中にあるのですが、こちらも迫さんが設計したビル!カッコイイ!


四川省の幼稚園が出来上がった暁には、そこでライブをしよう!と夢はふくらみます。
幼稚園プロジェクトは困難にぶち当たりながらも、迫さんのたゆまぬ努力で一歩ずつ前進しています!今まで集まった募金を手渡しで寄付して来ましたよ!日本国内でのライブでも募金活動を続けていきますので、引き続き皆さんのご支援、ご協力を宜しくお願いします!

(迫さんに、募金を手渡し!)

最後の夕食は、こばじゅんさんの紹介で、中国で活躍されている日本人の社長さんお二人と人気の韓国焼肉屋さんへ。
中国でのチャリティの難しさだったり、ビジネスの大変さだったり、こちらでずっとお仕事されているビジネスマンならではの、ためになるお話を伺いました。
頭痛のせいで、お酒がほとんど飲めなくて残念。
でも、美味しく楽しい打上げでした!
その後、しばし部屋でビデオを見て、反省会をして就寝。

翌日は本番はないけど、演出公司と大事な打合せの予定です。
でも、確実はアポはまだ取れていません。。。
どうなりますやら。。。

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA