アジア

貴州から上海へ移動、そしてレコーディング。

貴州大学での学生さん達との交流会の後は、大学や重慶領事館の方々と会食でした。

会場に着くと、貴州大学の陳学長が素敵な笑顔でニコニコ話しに来て下さって、
「昨日は最後までありがとうございました。ロックはうるさくなかったですか?」
と聞いたら、
「僕の息子はずっと数学を勉強して来て、今上海の会社で働いているんだが、彼にはずっと夢があって、実は会社を辞めてロックバンドをやりたいんだそうだ。昨晩、あなた達の演奏を見た後に息子に電話をかけてね、『今日初めてロックバンドの演奏を生で見て、お前の夢がちょっと理解出来たよ』と言ったんですよ。」
と言って下さいました。嬉しかった~

(素敵なレストランでした。)

私達にご縁の深い重慶の瀬野総領事にも初めてお会いしました。
重慶に赴任される前もずっと中国が長く、中国語がご堪能で物腰の柔らかい優しい瀬野総領事でした。

(瀬野総領事と。)

会食後、貴州大学のJAPAN WEEKの開幕式に出席し、バタバタと記念撮影をして、バスに乗り込み、上海へ移動。

上海へ着くと、空港に私達の弟弟(ディディ・おとうと)(ショウ)さんが迎えに来てくれていて、何と!チェックイン前なのに、もうルームキーを持っているという手際の良さ。さすが、肖さん!

ホテルに着くと荷物を置いて、急いで漢院という語学学校へ。
ここは3階建ての素敵な洋館で、上海にいらっしゃる奥様方などが優雅にサロンで中国語を習っている学校

着くと、そこには懐かしい上海和僑会の皆さんのお顔が。。。
実はここの教室の一室をお借りして、上海和僑会の皆さんと「和僑の風になれ」のコーラスレコーディングをさせてもらったのです。
だって、せっかくだったら作品には和僑会の皆さんの声を入れたいですもんね!

何度か一緒に練習したら、すぐにレコーディング。
歌えば歌うほど、テンションが上がって来て、超良い感じすぐにOKテイクが出ました!素晴らしい~!パチパチ!

私も後ろの方で遠慮がちに歌ったつもりだったのですが、Akiに
「しのんの声でかすぎるから、歌うな!
と途中でダメ出しされて、後半は大人しく座って見守りました。。。しょぼん。。。

皆さん歌った後は、元気な笑顔!
やっぱりね、これは私の持論なんだけど、人間、歌うと元気が出るんです。
機嫌の良い時はつい鼻歌が出るでしょ?その逆でね、歌うと元気が出るんだと思います。
良い作品に仕上げなければね!
和僑会の皆さん、ありがとうございました!

その後、和僑会の皆さんと肖さんと飲んでから、ホテルに帰って、眠い目をこすりながら貴州でのコンサートのビデオを見ながら反省会。
ほとんど寝る間もなく出発し、無事帰国しました~

アーカイブ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA